涙、4年半の短い生涯でした。

平成15年夏、はじめてまともにかったパソコンといっても過言ではない、NECのノートパソコン(愛称:長男)が、先日4年半の短い生涯を終えました。

もともとは、自宅のメインパソコン。
それが、会社でのメインパソコン(モニタ・マウス・キーボードをつないで、完全にデスクトップ代わり)、出張の折にはどこまでもついてきてくれるよいパソコンでした。

画面表示がひどいことに

それがいまや、こんな姿に、、、
悲しいかな、画面表示がおかしくなっただけで、それ以外は普通に動いているらしい。

画面に小さく見える四角いシマシマが、マウスカーソル。タッチパッドを動かすと、元気に動きます。キーボードだけで正しく操作できれば、ログイン・ログオフも可能です。

小さいのはマウスカーソル

修理保証はとっくの昔に切れているのですが、一応、修理できるかどうか調べてみました。

修理費用が高い

うーん、やっぱり高い。これはちょっと修理に出せる金額じゃないですね。今のところ、ノートパソコンが至急に必要な状況でもないし、しばらくは買い替えもないかな。

あーでもMacBookはほしいかなあ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする