「送信された URL に noindex タグが追加されています」の原因と対策メモ

インデックカバレッジに新たなエラーが・・・

新しい Google Search Consoleインデックカバレッジに「送信された URL に noindex タグが追加されています」というエラーが出てしまった時の対策を、また次に起きた時の自分用のメモとして残しておきます^^

sitemap.html は対応済み・・・

もちろんネットで検索すれば「送信された URL に noindex タグが追加されています」の原因と対策について書かれた投稿はたくさん見つかると思いますが、おそらくは

プラグインの「Google XML Sitemaps」の設定で「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックボックスを外しましょう、ということが書いてあるケースが多いと思います。

はい、自分も最初に「送信された URL に noindex タグが追加されています」のエラーがでるようになった時(※ 上の図で ① になっているところ)の時は、そのとおり、「Google XML Sitemaps」の設定で「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックボックスを外しました^^)b

なので、それはもう対応ずみでした💦

原因は タグページを sitemap に登録していたこと

Google Search Console で 実際 に「送信された URL に noindex タグが追加されています」としてエラーがでているURLを確認してみたところ、どうもタグページが対象になっているみたいでした。

(´-`).。oO( タグページは、Googleにちゃんとインデックスさせたいのに、なんで noindex になっちゃうんだろうか?)

と思って、

(´-`).。oO( ひょっとしてタグごとに  noindex を設定するところがあって、間違えて noindex にしちゃったのかな? )

と思ったら、そもそもそれが大間違い

タグページは、一部の文言(=タグにしたキーワード)が違うだけであとはほとんど同じ内容という重複ページ(重複コンテンツ)を生じさせやすいため、昔はSEO効果が高い施策とされていましたが、今は逆にペナルティになりやすいそうです。

今回は、タグページを sitemap に含めようとすると重複コンテンツを生み出してしまうため、テンプレートの標準で タグページは noindex とされていたのが原因でした。

ただたんにタグページとしてサイト内に存在しているだけであれば、 noindex されているのだから Google もインデックしないだけでエラーでもなんでもなかったのですが、

(´-`).。oO( インデックスさせるページを増やしたい )

と思って  sitemap にタグページを含める設定にしていたため、「送信された URL に noindex タグが追加されています」というエラーになってしまっていました。

Google からしたら「 sitemap に含めて送信しておいて noindex になっているのはちょっと違うんじゃないですか?」ということらしいです。

ユーザビリティを考えると、

  • noindex でそもそもインデックスさせない。
  • link rel=”canonical” で重複とみなされないようページを指定する。

といった対応が推奨されているようですが、さてどうするか。。。

できれば、タグページをインデックスさせて Google のインデックスページを増やしたいのはやまやまなれど、

  • ひとつの記事につけるタグはひとつに限定する(重複が生じないよう運用でカバー)
  • link rel=”canonical” が付与されるようテンプレートを編集(ただし、プログラム的な改修も必要)

ということで、素直にタグページを sitemap に含めるのをやめたのでした(^^ゞ

Noindex