「トクサツガガガ(4)」 – 読んだマンガをひたすら挙げていく【46冊目】

読んでみる トクサツガガガ 4

【あらすじ・ネタバレ・感想】

トクサツガガガの第4巻の読み返しです。

トクサツガガガの第4巻に収録されているエピソードは、

  • 第30話 イクトゥス
  • 第31話 「仲間ってなんだろう」の巻
  • 第32話 光りもの
  • 第33話 大人気ない
  • 第34話 深夜特撮「白狐丸」
  • 第35話 地上波っていいよね
  • 第36話 集めてどーするの?
  • 第37話 「汚し」のコツ
  • 第38話 集結ーーッ!!
  • 第39話 叫べ獣の魂!

前巻からのヒキで、対決ムード濃厚だったおっかないキャラの北代さんとのバトルが無事大団円を迎え、仲村さんの特オタ生活はさらなる充実を迎えていきます。これはもう円熟期と言っても過言ではないのではないでしょうか?

個人的には「第33話 大人気ない」がお気に入り。お話の視点はあくまで仲村さんからのものになりますが、仲村さんの姪っ子ちー(4才)の目線をテーマにしたストーリーで、例によって、トクサツガガガのいろんな立場の登場人物から観た特撮・オタクとの関わり方みたいな日常がとても好印象でした。

単行本の最後の2話、「第38話 集結ーーッ!!」と「第39話 叫べ獣の魂!」はまさにタイトルのとおり「集結ーーッ!!」っていう感じの

( ;∀;) イイハナシダナー

回で、これもまたおすすめです。北代さんがケンカをしていた友達のみやびさんとの仲直り企画(ただのカラオケともいう)をきっかけに、むしろ息の合ったパフォーマンスを見せるところが圧巻。

そして、地味に任侠さんに仲間ができたのもヨカッタヨカッタでした。

アーテック うちわ 小 38080