「惑わない星(2)」 – 読んだマンガをひたすら挙げていく【25冊目】

【あらすじ・ネタバレ・感想】

読み返し。もうすぐ3巻がでるらしいのでおさらいとして。ネタバレ含みます。

2巻で太陽系の惑星がひとまず全員登場しました。

  1. 木星
  2. 土星
  3. 天王星
  4. 海王星

個人的な好みはS沢と同じく天王星です。とっても健気な感じがします。もちろん月の人型バージョンを軽んじることはできないのですが、ちょっと狙い過ぎな気もします(^^ゞ

物語の半分が惑星の登場シーンと、残りの半分がそれぞれの惑星の雑学や宇宙についてや数学についての雑学の解説になっています。

具合の悪そうな地球がどうすればまた元気になるのか?の謎は一向に解明されません。その解明されちゃうと一気にストーリーはクライマックスへっていう予感がするのでまだまだ引っ張るのでしょうか? 案外、長いストーリーになるのかも。

(以下、ネタバレ含む)

S沢の名前のSは、かつて漢字だったのが文字が失われてしまいアルファベットになったという設定が明らかになりました。

頭に「S」がつく沢の名字ってなんだろう、そんなにたくさんないな。

ウ~ンって考えてみて閃いた。重力の話がよくでるから、きっと「重沢」なんじゃないかなって思う。

惑わない星(2) (モーニング KC)