「イジらないで、長瀞さん(1)」 – 読んだマンガをひたすら挙げていく【69冊目】

読んでみる イジらないで、長瀞さん(1)

 【あらすじ・ネタバレ・感想】

2018年6月に第2巻が発刊されたタイミングで、オススメとか新着とかでなにかと目にする機会が多かったので初めて読んでみました。

あらすじ

「イジらないで、長瀞(ながとろ)さん」は、タイトルの通り、高校1年の女子高生長瀞さんが、コミュニケーションが苦手ですぐにキョドってしまう高校2年の主人公、センパイをSっ気たっぷりに「キモい」を連発してイジり倒す(センパイを泣かす)というマンガです。

それだけのストーリーだと、どこかのM以外誰が読むんだ?っていうマンガになってしまいますが、とにかくイジる長瀞さんがときおりデレるため、

(´-`).。oO(ああ、ちょっかいかけるのも好意の裏返しなんだなぁ)

となって、なんだか二人はいい雰囲気?という感じで救われているマンガです。

最初にお試し無料で1話と2話分くらいは、長瀞さんのイジりっぷりが案外キツい(初対面なのにけっこうイジる)ので、「これはちょっと無理かも。このテンションが続くなら買ってまで読まなくてもいいかな」となったんですが、他の人のレビューを見ると好きっていう意見と好きじゃないっていう意見にけっこう分かれていたので、ネタとして読んでみようということであえて読んでみました。

イジらないで、長瀞さんの第1巻に収録されているエピソードは、

  • 第1話 センパイって、ちょっと…
  • 第2話 センパイ観察するの楽しーし♪
  • 第3話 センパイって怒らないんですか?
  • 第4話 センパイの願望が叶いましたね!!
  • 第5話 センパイ、歯、磨いてきて下さい
  • 第6話 ちっす、センパイっ!
  • 第7話 センパイ、泡、残ってますよ!
  • 第8話 センパイは、もうちょっと…
  • おまけ① センパイにチョコをあげる人が…?
  • おまけ② センパイに汚されちゃう~♥

テーマの似ているマンガ

はい、これはもう「からかい上手の高木さん」しかありません。ネットでも「からかい上手の高木さん」のパクりという書き方を大変多く見かけます。

ただ、これまたネットで調べればすぐに見つかりますが、長瀞さんというキャラクターそのものは、pixiv で「からかい上手の高木さん」より以前から投稿されていたらしいので、けっしてパクりではないみたいです。

「からかい上手の高木さん」が人気になったので、講談社で連載されるようになったんだろうと思われます。

「イジらないで、長瀞さん」のおもしろいところ

「からかい上手の高木さん」も女子が男子をからかうマンガになっていますが、照れるのは基本、男子の西方の方です。高木さんはいつも(変顔する時以外は)とってもクール。あと、中学生という設定なので、からかい方もおとなしめです。

一方の「イジらないで、長瀞さん」は、長瀞さんがセンパイをイジりますが、デレるのは長瀞さんの方になります。あと、高校生という設定なので高木さんよりも男女を意識させるシチュエーションなんかもあったりして、おそらく「長瀞さん」のが男子ウケがいいと思われます。

原作(pixiv)の「長瀞さん」は、直接読んだことはないですが多分もっとSっ気Mっ気の強い内容になっているんでしょうが、「イジらないで、長瀞さん」は商業誌での連載ということもあって、そのあたりがとってもマイルドになっているので、シチュエーションの変わったラブコメマンガ、といってもいいくらいの内容になっています。これもまた男子ウケがいいと思われます(^^ゞ

今後、どこまで二人のテンションがあがっていくかはわかりませんが、個人的にはあまり振りきれずに、今くらいのテンションでなんだかんだ仲のいい二人っていうマンガであってほしいですね。

カゴメ トマトジュース 食塩無添加 200ml×24本[機能性表示食品]